Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/51-f9372fc8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

おくりもの

今日も絵本の紹介をしよう。

シャーロット・ゾロトウ文 モーリス・センダック絵 「うさぎさん てつだって ほしいの」も、私の好きな絵本の一冊。

センダックの作品を、集中的に読んでいた頃、出会った絵本。いいな、気になるな、って思うと、とことん読んだり、調べたり、味わいつくしたくなる性分。他のことでも、そうだけれど、絵本しかり。でも、そうやっていると、メジャーな面からは見えない、ギフトがもらえることも多い。この本との出会いもそう・・・。

よく知られる「かいじゅうたちのいるところ」などの絵とは、少し異なる印象の絵。

美しいって思う。本当に森に居るような気がしてしまう。こもれびに映し出されると、また、夜の月と星に照らされると、森は、こんなふうに見えるのだろう、感じられるのだろう、そういう色と筆づかい。

登場する、うさぎさんは、ちょっと宇宙からやってきたような不思議な風情、達観したような頼もしさと、やさしさを持っている。「あげるものが なんにもない」と困っていた女の子に、お母さんへの誕生日プレゼントを探すお手伝いをする。

ゾロトウの文は素敵。
とくに、このフレーズは好き。
「・・・おかあさん、とりは そとのきで うれしそうに うたってるのが すきなの」
うさぎさんが、色のイメージから鳥の名前をあげると、女の子は、決まってそんなふうにこたえる。

うさぎさんも、女の子も、お母さんも、みんな、やさしいんだなあ、って。ほっとする。

うさぎさんてつだってほしいのうさぎさんてつだってほしいの
(1974/11)
シャーロット・ゾロトウ

商品詳細を見る
うさぎさんは、女の子のお母さんへの誕生日プレゼント探しをお手伝いする。お母さんの好きな色からイメージしていく贈り物選び。うさぎと女の子のシンプルな掛け合いの会話は楽しい。森に居るみたいな気持ちにさせてくれる美しい絵本。


この物語では、お母さんに4つの果物をカゴに入れてプレゼントする。

折りしも、実りの秋深まる頃、愛媛から届く早生ミカンも、だいぶ色づきが良くなってきた。梨は、幸水・豊水・南水、日本の梨が終わり、山形のらふらんすなど、洋ナシが美味しい時期。りんごは、つがる、紅玉、ジョナゴールド、王林、などのメドレーを経て、ふじ、が出始める頃。

産直で果物を扱った経験もあって、実は、私は、ひとくちに、みかん、りんご、と言い辛い。季節の変化によって、産地によっても、品種は違ってくるのがあたりまえのことなのだから。

みかんも、今、愛媛の早生が色づいて甘みも強くなっているが、小田原のみかんの甘みがのってくるのは、もう少しあとになる。愛媛に比べると、小田原は、北にあるから、当然のことだが、どうも、早いものが好きな消費者市場では理解がなく、小田原のみかんがすっぱいことになってしまう。我が家に届く、愛媛の無茶々園の温州みかんは、ほぼ例年、年内に出荷は終わり、晩柑に移っていくが、小田原の温州、とくに、そのあとの青島みかんは、梅の花咲く頃でも十分楽しめる。

物語は、あまり、堅苦しいことは言わずに、でも、想像力を豊かにして、どんな梨かしら・・・と楽しもう。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/51-f9372fc8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。