Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

落ち葉を感じながら

ときどき、自分は、樹のウロとか、落ち葉の間…に住んでいる、小さな生き物なんだ、と思うときがある。

風の音、雨や湧き水、木々の中を流れる水の音、鳥の声、虫の音、小さな仲間たちの歩く音を聴きながら、静かに佇んでいる心地よさに、埋もれていたくなる。


たぶん、いろんな人と居て、話しをするのも好きだ。
昨今では、自分の経験や気づき、学びを多くの人たちと話したり、わかち合わせてもらっている時間が一番多いかもれしれない。

でも、そんな語らいの折々にも、ふと、私は小さな生き物になりたくなる。
沢山、仲間と楽しくおしゃべりをしたあとに、急いで、落ち葉の陰に走り込みたくなる。

逃避先、というよりも、もともと、私の住処はそこ、落ち葉が降り積もるところ、という感覚。
そこから時々、この頃はちょっと頻繁なのだが、出かけてきている。

だから…そう、そんな私の居場所を訪れると、安心で、穏やかな気持ちになる。
北鎌倉も、そうした場所のひとつ。

IMG_0927_convert_20121223203816.jpg


この間の日曜日。
北鎌倉、浄智寺を少し行ったところにある「たからの庭」で、道草を愛でるワークショップ「清右衛門のみちくさ部」に参加してきた。

「たからの庭」は古民家を使ったシェアアトリエハウス…ワークショップスペースやギャラリーetcといった感じ。
出来た当初から気になっていたのだが、今回はじめて訪れた。

自分へのクリスマスプレゼント♪の気持ちで、初参加に、ちょっとドキドキ。

冷え込んでいたけれど、雨上がりで、しっとりとした空気の北鎌倉。そして、さらに、ひんやりとして、静かな佇まいのたからの庭。

講師、みちくさ部長の清右衛門さんにお目にかかるのは、初めてだったけれど、ツイッターを拝見していて、実際とかなりマッチ。生まれの農家の屋号をとって、清右衛門、とのこと。

奥の深い、幅広いみちくさ学。自然の有り様から、文化、社会、人の生き方…まで、つなげていく話しには共感出来たし面白かった。世界平和…までつながって、花丸!

様々なつながりの中で、自分が生かされていることを感じながら、生きている人は、素敵だし、安心して見ていられる…、逆を言えば、バラバラ感覚のまま自分本位の考えで突き進む人たちには恐ろしさを感じる…今日この頃。

最初にクリスマスにちなんでということで…クリスマス、神聖なもの、生命…のイメージから、もみの木、ひいらぎ、ポインセチア、やどりぎなど、スライド&お話し。

もみの木の話しを聴きながら…。
小さい頃、私が一番最初になりたいと思ったのが、クリスマスカード屋さん。自分でも、この季節はせっせとカード作りをしていた。クリスマスツリーの枝葉は、たしかに、少し斜めに上がっていたぞ…と思い出した。そう、クリスマスツリー、イコールもみの木のイメージだった時代。
でも、今、私の頭の中には、もっと、自由なクリスマスツリーが存在するし、街中にもいろんな木のクリスマスツリーがある。今日のお話を聴いて、もみの木は、日本では育ちにくいことなどもわかって、ふむふむ…。

やどりぎの話しを聴きながら…。
中学の理科の授業で、やどりぎの実と枝をスケッチしたのを今も覚えている。植物好きな先生はいつになく熱く語っていたけれど。今日のみちくさ部長の話しから、やどりぎ自体が貴重なものであることがよくわかった。やどりぎの実を食べるのは二種類の鳥だけで、さらに、やどりぎが育つには老木が良い、枝振りは…、とか基本条件は絞られる。さらに、その鳥が実を食べて、そのネバネバした糞が、うまい具合に木の枝につく。感嘆するような仕組みと、確率の中で、生まれる生命。ああ、自然ってすごい。

クリスマスひとつとっても、そこにまつわる植物も文化も、海を渡りあちらこちらへと運ばれて。
その土地と融合して、あらたなものが生み出されていく。
それが、いいとか、悪い、ってことはなくて、実際に、昔から、ゆっくりと、あるいは急速に、そうやって、いろいろなものが伝わり混じり合って、営まれている今の世界。
世界はひとつ!とも考えられる…というお話、そうだな、本当に。


お話のあと、外へ。
「たからの庭」の岩肌を眺めながら、そこに生息する植物たちを観察、説明を聴く。
光のあたり方、水の流れる方向、水分量、地層の具合…いろんなことの案配で、そこに育つ植物も異なる。

植物は、人間よりも経済効率優先…という話しにもうなづける。
生存へ合理性のないところに生息したりしないわけで、自分を知り、わきまえている。
そして、生きるために、本当に、よく考えている。生きるために、よく感じている。

人間も自然の一部。生きるために、思慮深く、繊細でありたい。


いわたばこ、の冬の姿に感動。
新しい葉っぱが、縮こまって収まっている。
温かくなったら、あの大きな葉っぱをすぐに広げられるように。

実際、フィールドワークで教えてもらえる機会は、有り難い。
同じように眺めていても、知識、考え方によって、見えてくるもの、見え方は違う。
植物だけに限らないが、教えてもらうこと、ってやっぱり大切だと思うなあ。

光合成の効率の良い落葉樹は、夏にいっぱい稼いで、冬は維持費節約で葉を落とす。
もともと効率があまりよくない常緑樹は、冬も夏も…地道に稼ぐ。
生き方で考えると、私は、どっちかしら?と考えると、楽しい。

ラストは、創作和菓子を食べて、和気藹々とした雰囲気で歓談。
皆さん盛り上がっていたところを、私は、時間もあり、ここらへんでおいとま。

小さい生き物に戻った気分で、静かな?私での参加だったかしら。
そんな自然体で居られることが、幸せ。
みちくさ部長さん、参加されていた皆さん、一緒に楽しい時間と学びに感謝。親切にしていただいてありがとうございました。

写真は、他にも撮ったけれど、結局、紅葉の美しい落ち葉のもの、二枚。
いろんな色があるって、やっぱりいい、心地いい。

IMG_0929_convert_20121223203826.jpg

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。