Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/238-8b18d6f5

トラックバック

コメント

[C62]

おはようございまーす。お家で手作り柏餅、いいですね!

以前に和菓子やの製造の仕事をちょこっと経験したことがありました。朝の2時間だけの仕事でしたが、いまからおもうと貴重な体験でした。(回復の道に繋がって、やめましたが)

柏餅は、葉をつける作業をひたすらやったな~

わたしは自家製の煮豆から惣菜を売る商売やの娘でしたので、それを引き継ぐようなかたちで、なにかをやれたらいいのですけれどね。
  • 2011-05-06 07:13
  • 美月
  • URL
  • 編集

[C64] Re: タイトルなし

美月さん、素敵な経験持っているんですね。
そういえば、おはぎ(ぼたもち)作りでしたっけ、あんこのつけ方が、とってもグー!だった。

是非、経験を皆にも分かち合ってくださいませ。

先日のふらっとでは、白玉粉の可能性・・・ということで、結構盛り上がりました。
白玉会発足?!
来月も、白玉アレンジで、何かしようよ、って。

ともあれ、食とか、花とか、暮らしを豊かにするいろんなものと接点を持って生きているのって、いいよね。

そして、それを、ひとりで楽しむのもいい。
ときには、仲間と楽しむのもいい。

また、お会い出来る日を楽しみにしてます。






  • 2011-05-07 10:45
  • マギーB
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

お米の粉の活躍する日

今日は、子どもの日。
端午の節句。

帰宅すると、先日買っておいた「手作り柏餅セット」で、立派な柏餅が出来ていた。
いただきま~す!
もっちりと、こしのある食感。
美味しい。

和菓子屋さんの柏餅に負けないくらい、かなり、本格的なできばえだった。

セットの内容は、シンプル。
上生新粉と、柏の葉っぱ、こしあん。
250gの粉で10個分。

蒸し器を使うやり方と、電子レンジを使うやり方の二種類が書いてあったが。
子どもたちは、電子レンジでチャレンジ。
粉と水を混ぜてチン!したあとに、生地をラップにのせて、おさえるようにしてもむ!そういう作業を繰り返して、こしのある、美味しい餅生地が出来上がったようだ。

生地にあんをはさみ、葉に餅を包むあんばいも、さすがに、普段から、台所になじんでいるせいもあって、なかなか旨い。

柏餅


さて、実は、今日は、日中にも、お仕事の場で。
本日集った面々と、柏餅にちなんで、白玉粉を使った、わらび餅風のおやつを作った。
こちらは、白玉粉と水を混ぜてチン!して、生地をスプーンで丸めて、きな粉をまぶして、あんこは、添えた。

見た目では、わが子ども達の柏餅に負けちゃうかもしれないが、もちもち感いっぱいで香ばしい味わい。
美味しかった!
そして、柏の葉っぱのない分、お皿の周りをちょっとアートで飾り、それぞれに独創的な形と盛り付けで、楽しんだ。

帰路、道すがら、乾物、粉などの専門店に立ち寄ると、名前はわかっていても、どういう粉なのかは、知らない、そんな粉がいっぱい棚に並んでいた。

町田では、古くからあるらしい、豆や、昆布、いわゆる乾物、粉などが、ところせましと並ぶ、いわゆる乾物屋さんのようなお店をいくつか見かける。見ているだけでも、とっても、面白いお店だ。

帰宅してから、やっぱり、粉のことが気になって。
今日、使った上新粉や白玉粉など、お米から作った粉について、ネットで、少し調べてみた。

今まで、まったく、わかっていなかった自分が、少々恥ずかしかったが、これからは、その特性なども知って、もっと、活用出来そう。
米の粉、といっても、いろんな種類があって、日本の歴史の中でも、少しずつ、庶民の食材として、活用、愛用されてきた歩みがあり、広く、深い、食材だ。

最近、話題になっている、パンに使う米粉は、新しい米の粉の使い方だが。
米の粉の特長からすると、製粉の工程や、実際パンにする場合の方法など、かなり、工夫がいる、という印象。そこまでして使う?どうなんだろうか。

たしかに、輸入の際にも農薬の影響を受ける、外国産の小麦粉を沢山使ってパンを作っていくことに比べると、そこに、国産のお米の粉が使われることは、身体の安全、国内農業を大切にする視点などから、良いことかもしれないけれどね。

ほかにも、検索すると、沢山のレシピがヒットする。
美味しく、楽しく、米粉を使っていくことに異論はない。
私も、少々、工夫しながら、活用してみたい。

とはいえ、本来の歴史のある、米粉の使い方。
和菓子と言われるものたちの、重要な原料である、米粉としての使われ方、大事だと思う。
そんなわけで、お米の粉のことを知ったら、和菓子のことも、今まで以上に、いとおしくなってきたなあ。

今日は、柏餅、ごちそうさま!

*****


さて、調べてみて、わかったこと。

まず、米粉の種類を大きくわけると、米の種類の違い。
もち米か、うるち米か。
そして、生のまま粉にするのか、過熱してから粉にするのか。

もち米を使うものは、どちからというと、もっちりした、食感を楽しむもの。
うるち米のほうは、こしがしっかりした感じを楽しみ、団子など、形にするものなどに。

いろんな米粉の特長。

1.上新粉(じょうしんこ)
うるち米を水洗いし乾燥させてから粉にしたもの。
粒のもっと、細かいものは、上用粉と呼ばれる。
主にかしわもち・だんご・草もち・ういろうなどに使用。

今日の我が家の柏餅セットには入っていた、上生新粉の、生、の意味は、水分の含有量が高い、ということのようだ。

2.白玉粉(しらたまこ)
もち米を水洗いして石うすで水びきし、沈殿したものを乾燥させたもの。
寒中に水を変えながら10日ほどさらしたのち乾燥させるので、別名「寒さらし粉」と呼ばれる上等品。
白玉だんご・ぎゅうひ・うぐいすもち・大福・ねりきりなどに使用。

3.もち粉(もちこ)
もち米を水洗いし乾燥させてから粉にしたもの。
きめの細かさが特長。
大福・ぎゅうひ・最中などに使用。

4.道明寺粉(どうみょうじこ)
もち米を水にひたしておき、これを蒸してから乾燥させ、荒くひいたもの。
千年以上前、関西の道明寺という尼寺でつくられたものが、この名の由来。
さくらもち(道明寺)・おはぎなどに使用。

主に、参照させてもらったHP。
KOMEKONET
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/238-8b18d6f5

トラックバック

コメント

[C62]

おはようございまーす。お家で手作り柏餅、いいですね!

以前に和菓子やの製造の仕事をちょこっと経験したことがありました。朝の2時間だけの仕事でしたが、いまからおもうと貴重な体験でした。(回復の道に繋がって、やめましたが)

柏餅は、葉をつける作業をひたすらやったな~

わたしは自家製の煮豆から惣菜を売る商売やの娘でしたので、それを引き継ぐようなかたちで、なにかをやれたらいいのですけれどね。
  • 2011-05-06 07:13
  • 美月
  • URL
  • 編集

[C64] Re: タイトルなし

美月さん、素敵な経験持っているんですね。
そういえば、おはぎ(ぼたもち)作りでしたっけ、あんこのつけ方が、とってもグー!だった。

是非、経験を皆にも分かち合ってくださいませ。

先日のふらっとでは、白玉粉の可能性・・・ということで、結構盛り上がりました。
白玉会発足?!
来月も、白玉アレンジで、何かしようよ、って。

ともあれ、食とか、花とか、暮らしを豊かにするいろんなものと接点を持って生きているのって、いいよね。

そして、それを、ひとりで楽しむのもいい。
ときには、仲間と楽しむのもいい。

また、お会い出来る日を楽しみにしてます。






  • 2011-05-07 10:45
  • マギーB
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。