Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/237-c6185336

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ルピナスの花に出会って

いつもの花屋さんの店頭で見つけた、ルピナスの花。

独特の葉の形、そして、地を這うように広がって、そこから、また、天空に向かい、花が穂のように伸びゆき、ほころんでいる。
花は、美しい蒼色と、白、そのグラデーションの部分で、構成されている。

地面がきっと、好きに違いないとは思ったが、今のマイガーデンの中には、広がっていけそうな場所が見つからなかったというのと、とっても気に入ってしまったので、ちょっと過保護に、目の届きやすいところに居てね、というような気持ちで、とりあえず、鉢に植えることにした。

この写真は、花にうまくピントがあっていないけれど。
雰囲気は、わかってもらえるだろうか。
まだ、これから、花が増えていきそうな株。

ルピナスの花

ルピナスの花、というと、思い出す物語があった。

「ルピナスさん 小さなおばあさんのお話」バーバラ・クーニー作 掛川恭子訳
 1987年 ほるぷ出版発行

この絵本を久しぶりに、鎌倉のSyocaで見つけて、思わず、うっとり読んだあとに、花屋さんの店頭でルピナスの花に出会った。
不思議なご縁だ。
絵本の世界と、現実の花が重なって、絵本にも、花にも、愛しさが、ますます深まった。

私のおばあちゃんのお話し、として、語られる、この美しい絵本は、ルピナスさんと呼ばれた、ひとりの女性の人生の物語。女性の生き方としても、独立心に溢れ、まさに、自分の人生を生き抜いた姿に、私は、あこがれを抱く。美しく、広く、深い絵本。

ルピナスさんは、小さな頃、おじいちゃんから、遠い国々の話しを聴いて育ち、いつか、自分も遠くに行く、そして、おばあさんになったら、海のそばの町にすむことにする、と話していた。

そんな彼女に、もうひとつ、しなくてはならないことを、おじいちゃんは、話す。
それは「世の中をもっとうつくしくするために何かすること」。

彼女は、大人になってからは、図書館で働き、その後、おじいちゃんとの約束どおり、世界中を旅する。
そして、旅の途中で、背中を痛めた彼女は、旅を終え、海辺の町に住む。

そこで、三番目の約束。
「私の好きな花」ルピナスの花の種を、村中に蒔いて歩くことを思いつく。

背中の具合が悪く、ずっと寝ていなくてはならないときもあったが。
元気になると、彼女は、本当に、あちこちに、種を蒔いて歩いた。
おかしな人、と言われることもあったが、春になると、海辺の村は、ルピナスの花でいっぱいになった。

ルピナスには、青、水色、ピンク、そして、その間の色があって、それが、やわらかく、混じりあう様子が、より、この花の魅力を引き立てる。

絵本の画を眺めながら、そして、本物の、ルピナスの花を実ながら、想像を広げる。
ルピナスの花いっぱいの海辺の村は、どんなにか、美しいだろう。

ルピナスさんは、村の子ども達に、彼女がおじいちゃんとした約束をする。
「世の中をうつくしくするために何かをすること」

とっても、素敵な約束だ。

こんな約束をして、育っていくのは、いいなあ。

もちろん、その約束の答えは、それぞれが、持っている。
どんな答えによって、約束を果たしていくのか、それは、それぞれにまかされているのだろう。

それにしても、今、このメッセージは、私たちの心に、より、切実感を持って、響くような気がする。

「世の中をうつくしくするために何かできることをする」
まさに、今、私たちが求められていること。

世の中がうつくしくなることは。
そこに、平和な暮らしがあることの証であり。
そこに、人々の幸せがあることだろう。

種を蒔こう。
ルピナスさんのように。

いつか、花は咲き。
人々は、やってくる。
そして、また、その人もまた、種を蒔く。

ルピナスさん―小さなおばあさんのお話ルピナスさん―小さなおばあさんのお話
(1987/10/15)
バーバラ クーニー

商品詳細を見る
ルピナスさんは、アリスと呼ばれた小さな頃、おじいさんと三つの約束をします。三番目に彼女が果たした約束は「世の中をもっと美しくするために何かをすること」。彼女は、病んでいるときも、窓から眺めていた花、ルピナスの花の種を、村中に蒔いて歩きます。この物語は、自分の人生を大事に生き抜いた、ひとりの女性の物語。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/237-c6185336

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。