Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/203-57664cf6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

劣等感も、前向きな力の源に

今日、お仕事DAY。
電車も、なんとか、落ち着いてきて、無事に、通常の経路で町田に到着。

お仕事、いろいろお話しをする時間が多いのだが。
それと、同時に、手作業も。

週末の企画の準備のために、紙を切る。
裁断機を使うことに。
あの、昔ながらの、ギロチン風、刃をがっちゃんと、降ろして切るタイプ。

他のスタッフは、サクッと上手に、刃を降ろし、スパッと紙が切れていく。
私も、やってみることになったが。
グシャ・・・。
あら、最後まで、紙が切れない。

もう一度、あら、また、駄目。
排紙を使っての作業だから、まあ、許されるけど。
ぐちゃぐちゃの紙が溜まっていく。

何度かやり直し、繰り返しているうちに、おおむね、要領を得てきた。
といっても、慣れてきたころに、作業は終了。

昔、裁断機、使ったことはあったような気はするが、でも、もう、すっかり手は忘れてしまっていた。

とにかく、私は、はじめてやること、久しぶりにやることが、すんなり、それなりに、出来ることがまずない。

特別に、自分のこと、不器用だとは思っていない。
でも、最初から、器用に、要領よく、出来ることは、まずないのだ。

だけど、そういうことって、とても小さい頃からだったので、ずっと、私って、そうなんだ、と思ってきた。

皆と同じようにやっても、普通にやっても、同じくらいに出来ないので。
人より、ゆっくり、多く、練習する、それが、あたりまえなんだ、って思って生きてきた。
そして、有り難いことに、そうやって、努力すれば、うまく、とはいかなくても、自分なりに進歩して、出来るようになることも多かった。


しかし、こういうことを、小さい頃から、私は、かなり、強迫的に思ってきた。

小さな私は、自分が、いい子、良く出来る子であることが、家族の中で、求められている、と感じていた。
いろんな問題が起きる家庭が、少しでも平和であるために、私は良い子であることが必要だって信じていた。
悲しんでいる母に、心配をかけないためにも、良い子であることが必要だって思っていた。

だから、そのために、要領の悪い私は、人一倍、頑張らないと駄目だ、と思いこんでいったのだ。

でも、弱音をはけず、泣けずに、良い子であり続け、頑張り続けているうちに。
私は、ただ、ちょっと要領を得るのに時間がかかる、ってことから、だんだんと、私は、とんでもなく、頑張らなくては、駄目なほどの人間なのだ、と自分を思いこむようになる。

私は、駄目だから、とんでもなく、頑張らなくてはならない。
さらに、頑張っても、頑張っても、自分を評価してあげられない。
たとえ、人が評価してくれても、それさえも受け入れられず、自己評価の低いままだった。

どんなに、頑張っても、自分は、駄目なんだ、と、満たされない思いで、際限のない、頑張りをする。

こうなると、悪循環で、無理をして、頑張って苦しい分、余計に、自分がみじめになったり、嫌な自分になっていく。
並外れた、無理をすることによって、心身の状態も悪くなる。出来ることも、出来なくなってくる。

もはや、ここで、誰かに助けを求めよう、そういうことさえ、思いつかない。
頑張れない自分を責める一方で、現実から逃避する。もちろん、逃げても、解決にはならない、いよいよ、本当に、どうにもならなくなる。

結局、私は、どうにもならない中で、生き方の転換をはかることになった。

思い込み、とらわれって、すごいものだ。
人生をこれだけ、迷走させてしまうのだから。

まず、良い子でなくては、という、思い込み。
そして、良い子であるために、要領の悪い自分は、頑張らなくっちゃいけないんだ、って、そんな小さな私のとらわれ、が、どんどんエスカレートして行った果て。

あれから、生き直すための、いろんな作業をしていくうちに、自分は、出来ないこと、悪いところもあるが、そんなに、大騒ぎするほど、駄目ではないってこと。むしろ、感謝するほどに、いろんな可能性を与えてもらって、生まれてきたんだ、そんなことを思うようになった。

それに、世の中は、いろんな人が、協力しあいながら、回っていくこと。一人で、引き受けられない、責任を負う必要もないこと、困ったら、助けを求めてもいいこと、などがわかってきた。

だから、ありのままの自分を、受け入れて、出来るだけの頑張りをすればいい。
また、自分には出来ないこと、そのとき、出来ない状況にあることは、人に手助けを求めればいい。

ただ、すぐに出来ないこと、要領を得にくいところがあっても、程よく、人より、努力すればいいだけ。

人から評価してもらうことも、ありがとう、嬉しいって、受け入れられるようになってきた。

そして、今、かつては、自分を強迫的に追い込んだ、劣等感も、ほどほどの頑張りの原動力となり。
継続すること、努力することを大切に出来るとか。
出来ないことがあっても、そんなに落ち込まず、あきらめないで、ゆっくり、やっていく、こと、とか。
そもそも、人と比べて、一喜一憂しない、で、自分なりのベストを尽くすとか。

劣等感は、前向きな力の源になっている。
そして、努力して、出来たことは、とっても嬉しいよ。

短所も、いいあんばいに使っていくことで、長所に導かれるのだろうな。

今日も、裁断機の作業なんて、ささいなことだけど。
余計、出来なさ加減も、目立つ。
かっこわるかったけど、まあいいか、って、それも、私の長所につながる、って思えるから。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/203-57664cf6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。