Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/183-4a456109

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

地震

地震の被害、影響が様々に出ていて、ツイッターには、次々と、地震による二次被害や、帰宅困難者のための情報が流れている。

我が家も、娘は、高校から最寄り駅まで出たあと、交通機関が止まっているため帰宅出来ず、友人宅に泊めてもらうことになった。とても有り難いことだ。

私は、ちょうど駅に着いたときに最初の大きな揺れにあい、そのときは、こんなに長く、余震なのか、それに影響されているのかはわからないが、揺れが続くとは想像していなかった。交通機関も、まもなく、正常に戻るであろう、と思っていたが。

あ・・・また、今も揺れている。

我が家は、築30年以上、いや、もっともっと古かったかも、、という古いアパートだが、一階のせいか、今回の現時点までの揺れでは、物ひとつ落ちず、倒れず、ほぼ影響は無い、助かっている。
とはいえ、耐震設計などとは無縁のはず、より大きい揺れが来たら、そのときは、揺れるより、つぶれるのかもしれない。

私は、今日、定例の集まりに出かけていたが、そこに来る予定の人達も、交通機関が止まったりして、来る人はいつもより少なかった。会場の区の福祉施設は、5時過ぎの時点で、区から貸し館業務の中止の知らせが入ったということで、会場の予約していた部屋は使えなくなった。でも、せっかく来てくれた人も居たので、寒かったけど、夜空ミーティング。会場前のちょっとしたスペースで、しばし、お互いの話をして、解散。
そして、もしかしたら、歩いて、遅れても来る仲間も居るかもしれないから、っと、一応、予定の終了時間まで施設内に待機させてもらって、帰ってきた。

私は、そこから、歩いて帰宅出来る距離。それでも、40分くらいかな?
鎌倉街道は、横浜方面から、大船方面に。また、その逆。
徒歩で帰宅、移動している人達で、いっぱい。

道路は、車が渋滞していた。

途中、停電している地域もあって、住宅街も真っ暗。
停電のため、給油が出来ません、と書いてあるガソリンスタンド。
ファミレスなども、お店をしめてしまっていた。
停電でも、開いているのは、コンビニぐらいだったか。
駅には、外まで、タクシーを待つ人の行列が続いていて、通り抜けるのも大変だった。

まだまだ、こういった緊急事態、ライフラインのストップの状況に、街の機能は、対応する体制が出来ていない。
電話の順番待ちに、イライラして、ケンカを始める人もいた。
消火器を持っての防災訓練も大切かもしれないが、他にも、やるべきことはあるような気がする。

ツイッターで流れているような、様々なリアルな情報が、もっと駅などをはじめ、利用した福祉施設でもそうだが、流されていいのではないかなあ、と思った。駅などでは、帰れない人のための待機場所情報とか、そういうことも、わかるといい。

息子二人は、偶然にも、地震のとき家に居た。
長男も、たまたま、仕事から早帰り。

彼らは、揺れのときは、すぐに、外に非難して、揺れが収まってから、早速、緊急対応をはじめたらしい。
彼らは、なかなか、スゴイ。
私が、夜、帰宅すると、玄関は、いざ、というときのために、少し開けてあり、部屋の中に入ると、非難用リュックが出され、水がペットボトルに入れられ、やかんには、お茶がいっぱい作られていた。

そんなわけで、我が家は、いざ、と言う時に備えつつ、有り難いことに、静か眠れそうだ。

今日は、この地震が、これ以上の被害を広げず、おさまっていくことを祈ろう。

亡くなった人達の冥福を祈る。
そして、辛い思いをしている人達が、少しでも癒され、回復できるように。
自宅に戻れず、不安な夜を過ごす人達が、無事に一夜を送れるように、祈る。

ところで、前にも書いたか。
私は、東京オリンピックの年にあった、新潟地震の日に、生まれている。
その当時も、横浜は揺れたらしい。

まだ、移転前の、古い警友病院。
母は小柄なため、帝王切開の出産。
ちょうど、母が手術台の上に居たときに、揺れがはじまり、病院内の電気も一時消えたそうだ。
でも、病院には自家発電があって、無事、手術が終わり、私は、この世に誕生したらしい。
待合室に居た人達は、ずいぶんと心配したようだ、と。
そんな話を聞いている。

そんなことのせいかわからないけれど、地震は怖いが、落ち着いているかもしれない。

そう、それに、小さい頃から急な引越しも多かったし、思いもよらないことが起きることも多々あって、いつも臨戦態勢みたいな気持ちが、今だに、私の心の底にあることも確か。
母や弟を守るために、私が、頑張らなくっちゃ、なんて気持ちも持っていたなあ。

幼子を抱えて、離婚したあとは、何があっても、私はひとりで対応しなくっちゃ、と、すごく、気を張っていたしね。

だから、緊急事態になると、来るべきものが来たぞ!という感じで、逆に、と言っていいのか、妙に、落ち着いていたり、張り切ってしまうところがある。

悪いことではないのかもしれないけれど、そうなると、現時点での情緒的なもの、と言ったらいいのか、自分自身の本当の不安や心配などがなおざりになったり、他の人達への共感も、薄れてしまったりする。

頑張らなくては、という頭の中の考えが、優位になって、現実がよく見えなくなっているような気がする。

本来は、頭の中でなく、今、ここに、自分の身体と心を置いて、自分自身が抱える心配や不安な気持ちを受け入れたり、他の人の悲しみや、辛さへの共感をしたり、その上で、必要な、自分の出来る頑張りをすれば、いいんだろうなあ。

では、祈り、眠ろう。
おやすみなさい。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/183-4a456109

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。