Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/180-b6b9326f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ユーカリの香りに包まれた一日

今日は、アロマセラピーのスクーリングに行ってきた。

テーマは、ユーカリ精油。
講師は、JASの講師、英国IFA認定セラピスト・和田文緒先生。(「アロマテラピーの教科書」(新星出版社)他)

エッセンシャルオイル・マスターシリーズ、半期ごとに、ひとつずつ精油が取り上げられて、今回、私は、ローズマリー・ラベンダーに続いて、三回目の参加。

今回のユーカリは、私が、初めて出会った精油であり、また、人生の荒波を、共に、乗り越えた、かけがえのない友。そんな思い入れもあって、今日のセミナーは、とても楽しみにしていた。

スクーリングは、いつも、自己紹介からはじまり、和気藹々とした雰囲気で、先生にも気軽に質問が出来る、少人数の体制で、本当に贅沢な時間。参加者の方とも、自然と会話しながら、顔なじみの仲間が出来たり、連絡先を交換することもある。

今日は、先日、偶然、このブログを訪れてくれたMさんに、お会いすることも出来た。なんと、また、偶然、隣の席に。もしかして…とお声をかけたら、Mさんだった。ということで、最初から、嬉しく、いいムードで受講できた。お会い出来て感謝!

さて、ユーカリ。

30m~50mの高木、600種類くらいあるらしい。
私が、今、手元に持っているのは、ユーカリ・グロブルス、ユーカリ・ラジアタ、ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)の三種類。これが、今日も、メインにはなったけれど、精油として使われているものだけでも、10種類くらいあるとか。

コアラの食べているのも、ユーカリ。一般的には、このイメージが強いと思う。
具体的な種類は、わからなかったけれど、ユーカリを消化して食べることが出来るのは、大人のコアラだけ。解毒作用が整っていない、赤ちゃんコアラは、そのまま食べられないので、親が消化した糞を食べる、とか。

ところで、最近、ユーカリの植林が、環境破壊をもたらしている、という情報もあって、実は気になっていた。もし、精油を使うことが、誰かを苦しめることにつながっていたら、それは辛い。

実際、精油として使われているのは、全体量からすると、ほんのわずか、ということで、特に、精油生産のために、植林が行なわれているわけではない、ということがわかり、それは良かったが・・・。

ユーカリの木は、成長が早いので、材木、燃料などに、効率的に利用出来る、そういう点が着目されて、利益優先の企業による植林が進んでいるらしい。
しかし、ユーカリの木は、まず、精油成分を含んでいることからわかるように、山火事になりやすい。また、枝葉が地面に落ちても分解しにくい。生態系的に考えると、循環が遅く、土地が痩せていく。水分を多量に必要とするので、土地が乾燥していく。そうしたことから、痩せて、水を保てなくなった、ユーカリ林の土が流さたりするほか、問題が起きているようだ。

もともと、オーストラリアの先住民族アボリジニが古くから暮らしに愛用してきた、ユーカリ。どうか、植物と、人々の歴史のある大切な関係が、守られ、大事にされるよう祈りたい。そして、利益優先の企業の植林が、なくなっていくように願う。その動向も見守りたい。

ユーカリをめぐって、こうした問題について触れてくれる先生は、素敵だ!と思う。

アロマ業界、と言っていいのか、もちろん、そのすべてではなく、個人にもよるのだが。それぞれ、アロマの関連団体等が、環境問題、農との関係、フェアトレード、地域活性化などの視点を取り上げていて、表面的な、趣味的な関心のみにとどまっていないところは、共感できる。

午前中は、メインの三種類のユーカリ精油について、香りをかいでみて、その印象を書き出したりしながら、その特長の説明を受けて、クラフト作り。

ジェル基材を使って、アロマジェルを作る。
各自、精油の特長を活かしつつ、自由に、精油をチョイス。
毎回、自分では持っていない精油を、この機会に使ったり、香りをかいだりすることが出来るので、有り難い。

私は、花粉症用を。
鼻の周りに塗って使える、アロマジェルを作ってみた。鼻のかみすぎ対策含め、少しホホバを多めにして、鼻の通りを良くする精油をブレンド。
今回、私がはじめて使ったのは、カルダモン。刺激的かな、と想像していたけれど、こうやってジェルやホホバと混ぜれば、肌のヒリヒリ感もなく、スーッとする中に、スパイシーな香りが加わり、いい感じ。

午後は、さらに、数種類のユーカリと、ユーカリに似た成分を持つ精油についても、説明があって、かなり、ヘビーな授業。でも、これも、実際に、いろいろ香りも嗅がせをもらえて、面白かった。同じ、ユーカリでも、種類によって、成分が違い、香りも異なる。植物って、不思議だね。

最後に、うがい薬と、マッサージオイル作り。

うがい薬のほうは、ユーカリ・ラジアタなど、4種類をアレンジして、あまり、悩まず出来上がり。

マッサージオイルは、疲れた足用にブレンドしたいと思ったが、ちょっと悩んで、先生にもアドバイスをもらった。炎症を抑えたり、鎮痛作用のある、レモンユーカリや、疲労回復にもいいマートルやラベンサラ、うったい除去にサイプレス、オレンジなど、ブレンド。レモンぽい、いい香り。

ユーカリクラフト

これから、日々、このクラフトを使ってみて、感想など書いて、あとで、送る。そこまでが、スクーリング。一応、受講後のアンケートってことだけど、これも、なかなか面白いシステムだと思う。

今日のセミナーを通してもだが、香りの印象も含め、使い心地とか、書いてみる、言葉にするって、難しいけど、勉強になる。
自分の感性を磨いていくためにも、役立つことだろう。
そして、今後、人に伝えていくときには、とても重要になってくること。

言葉での表現の仕方も、具体的、抽象的、色に表わしたら、とか。食べ物だったら・・・とか。
いろいろな方法があるんだよね。

知識、技術も大切だけど、物の見方、香りへの姿勢、表現のバリエーションを増やしていくこと、自分でも、大事にしていきたいと思う。

長々と、これ以上書いていても、朝が来てしまいそう。
パソコンさんのご機嫌が悪く、書き出しがずいぶん遅いスタートになってしまったし。
今日のアップを、待ってくださった方がいたら、遅くなって、ごめんなさいね・・・。

書き足りないことは、また、後日に。

これまでも、私のかけがえのない友、ユーカリ精油だったけれど。
今日一日を経て、また、私とあらたな歩みをはじめたかな。

自分の力では、どうにもできない、行き詰ってしまったときに、力になってくれるユーカリ精油。
かつての私にとって、本当に、そうだった。

今、私は、いろいろな種類のユーカリに出会うことが出来て、より心強くなった。そして、自分が、これから感性を磨き続けながら、表現していく、伝えていく行動をすることに、エールをもらえたような気がする。

ユーカリの香り溢れる一日に、感謝。
おやすみなさい。

下の写真は、ユーカリの実のついた枝。
(持ち帰ってくる途中に、葉っぱが、だいぶ取れてしまった。細い葉。)

ユーカリの枝
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/180-b6b9326f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。