Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/152-b39d3bc0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

小松菜が愛しい

今朝は、みぞれまじりの冷たい雨の中、いつもの農家さんが、駅裏に来ていた。

この一番寒い時期、ハウスを利用したり、いろんな方法はあるだろうが、露地のものを中心にしている農家さんでは、年末のお正月に向けた野菜をピークにして、年明け、しばらくは、野菜の種類も、量も少なくなっている。

暖かい季節には、太陽の光を浴びて、ぐんぐん育つ、菜っ葉たちも、厳しい寒さの中では、ゆっくり、ゆっくり、育っていく。だから、この時期の菜っ葉は、小さめで、出荷されることも多い。

今日、お目見えした、小松菜も、丈は、短い、ちび小松菜。

でも、じっくりじっくり育っているので、味が濃くて、甘く、美味しい。
冬の陽射しは、やさしいので、畑に長居している菜っ葉の葉は、肉厚だけれど、やわらかい。

おひさまの光を、少しでも多く、浴びようとするからか、冬のタンポポみたいに、それぞれの株は、少し開いていて、葉の形も、まあるく広がっている。

彼らは、生き抜くために、賢く、逞しく、健気だ。
小さいけれど、いっぱい、いのちのエネルギーを感じる。

私は、そんな、彼らの姿を見ていると、とっても愛しくなる。
抱きしめたいよ!

というわけで、思わず、この小松菜と、カリフラワと葉玉葱を買い、朝から、一日抱え歩いていた。

畑を訪ねたら、もっと、この思いは、強くなるのだろうなあ、と思う。
今は、過去見た、畑の様子に重ね合わせ、畑に居る、この小松菜の姿を、思い浮かべているけれど。

いつか、この農家さんの畑にも、行かせてもらいたいと思っている。
とってもオープン。どうぞ、来てくださいね!と、言ってくれている。
収穫のお手伝いをかねて、畑を訪ねているお客さんも居るらしい。
素敵なつながりだ。

愛しの小松菜に感謝!
もちろん、小松菜との出会いを、提供してくれている、野菜たちの育ての親である農家さん、ありがとう。

明日のお弁当の一品にも。
おひたし風に、おかかをまぶして入れよう。

おやすみなさい。

冬の横浜小松菜

冬の横浜小松菜一株
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/152-b39d3bc0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。