Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/123-2dd9beee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

足浴はじめ

足浴用に頼んでいた、専用のバケツが到着。
ピンク!で、かなりデッカイ、存在感あふれている。

私の小さな足でも、いざ、足浴をしようとすると、適当なバケツやたらいが、家の中になくて、結局、購入。
小型のものは、近所で売っていたのだが、せっかくなので、あまり温度も下がりにくく、ゆったり使える、大きめのものを注文してみた。

先日のアドバイスをもらったとおりに、バケツごと、すっぽりビニールの大きなゴミ袋に、入れて、膝の辺りで、袋の上を縛るような方法でやってみた。膝の上には、タオルを置いて。お湯には、一滴ティーツリーの精油を落とした。横文字で言えば、アロマフットバス、サウナ風って感じかな。

いい気持ち。
あったか~い!

ビニールで覆わずに、精油の香りや、湯気を楽しむ方法もあると思ったが、こんな寒い季節には、お湯がすぐ冷めてしまうので、この方法は、Good!
それでも、途中、お湯が冷めてきたら、差し湯をする。

さすがに、この状態では、あれこれと、部屋の中をウロウロすることも出来ず、しっかり、腰をすえて、本を読んだり、パソコンを打ったり、ぼーっとするなり、とにかく、座っていることになる。

つい、家に居ると、家事しながら、諸々、というパターンが多くなりがち。
だから、とにかく、バケツに足を入れて、落ち着いて、座っている時間を作ることが出来るのも、足浴のメリットかもしれない。

今日は、使いはじめなので、とってもシンプルに精油1滴でやってみたが、お風呂のように、工夫して、ときには、バスソルトやクレイ、ドライハーブなどもアレンジして、リッチな足浴もいいだろう。

足のどの高さまでお湯につけるかは、お好みかもしれないが、だいたい、足底から15センチくらい、とか、くるぶしの上まで、と書いてある本が多い。バーンズレイでは、もっと高い位置、膝下、弁慶の泣き所のぐらいまで、しっかりお湯に浸かる。

今回は、その中間くらいの量でやってみたけれど、足浴を終えたあとの足は、ホカホカ!
もっと、のんびりできるときには、もう少したっぷり量でもやってみよう。

湯たんぽ、足浴、ちょっぴり手間もかかるけど、そういう手間も含めたものを、セルフケア、自分の手当てっていうのかな。
手当には、手を当て、触れること、手を使うことによるケア、という意味があるだろう。
その手当ての「間の手作業」が、手間だとしたら、その手間も、とても大切。
ちょっぴり手間をかけた、手当てを大切にしたい。


足浴中
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/123-2dd9beee

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。