Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/111-c2eb87a0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

パリのおつきさまの絵本

明日が、新月だが、もう、ほとんど、月は、ひとすじの線のような月だろう。
少し雲のかかる夜空。私は、そんな月を確かめることが出来ずに、帰宅した。

月を眺めることは深い。
月のエネルギーを感じ、月のリズムを感じながら生きること、自然全体、そして、宇宙に思いを馳せたり、同じ月を見る人のことを思ったりすることも出来る。

「パリのおつきさま」シャーロット・ゾロトウ文 タナ・ホーバン写真 みらい なな訳
童話屋 1993年初版

お月様をテーマにした本は多いが、この本は、最後に、この物語のメッセージとしてお月様が登場する。
どこに居ても、お月様の光は、届く。
同じ月を見ていることで、離れている人を近くに感じることも出来る。
そして、お月様から見れば、きっと、誰もが、とても近くに居ることだろう。

娘に留守番をしてもらって、お母さんがパリに出かけていたときに、お母さんが、一番すきだったのは、お月様だった、と。「パリのお月様は、おしえてくれたのよ。あなたが、おかあさんのすぐそばにみえるって」母は娘に語る。ゾロトウは、前に、センダックの絵の作品でも紹介したが、この絵本も、母と娘のやりとりが温かい。

たしかに、月をテーマにした本だが、そうしたストーリー以前に、パリの美しい写真と、あたたかい文章の絶妙なコラボレーションに、ひきつけられる絵本だ。

私にとっては、なぜか、お正月に、ページをめくりたくなる絵本。
年のはじめ、美しいものを見たくなる、そんな気持ちもあるかな。

パリにも、行ってみたくなる。
パリで感じられる、人、暮らし、自然が、本当に素敵な写真で紹介されている。

大人の本ではなくて、子ども達への絵本の一冊として、この豊かな美しさがあることが、また、素晴らしい。

パリのおつきさまパリのおつきさま
(1993/11)
シャーロット ゾロトウ

商品詳細を見る
パリの美しい写真と、ゾロトウのぬくもりのある文が、それぞれに惹き立てられて、豊かな絵本が出来上がっている。子どもとお母さんのあたたかいつながりを感じさせる物語でもある。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/111-c2eb87a0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。