Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/107-ea376240

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

小さくされた者の側

今年も、まもなく、あと一日を残すところとなった。

こんな日に、どんな本について書こうか、と、私の本棚の中で、今日、目にとまったのが、本田哲郎著「釜ヶ崎と福音ー神は小さくされた者と共に」(岩波書店 2006年)だ。

本田神父は、日雇い労働者の町、小さくされた者たちが多く集まる、釜ヶ崎でのある出会いを通して、神の居場所をとらえなおしていった。そして、神は、小さくされた者の側に居るのだと、炊き出しを受ける側に居るのだと、彼は考えるようになった。

この本は、聖書を、その小さくされた者たちと読み直していくことによって、新しい聖書への理解を著した書であると共に、小さくされた者たちと、共に、人間の尊厳を、現実の社会の中で、問い直し、活動している本田神父からのメッセージだ。

私は、かつて、自分自身が、どうにもならなくなっていた日々の中で、実は、この本に書かれている、小さくされた者たちと、場所こそ違え、出会い続けていた。

そして、彼らからもらった力は、はかりしれない。

私は、小さな住みかでも屋根のあるところに住んでいたし、家族も居た。仕事もしていた。
でも、とてつもない孤独に、圧倒されながら、ときに、自分の生命を疎ましくさえ思っていた。

そんな私は、彼らの野宿体験を語る「寒くてさあ、淋しくてさあ…」という言葉に共感した。
それでも、生きる、ことに執着して、生き続けようとする彼らに、私は、感動した。

私の、とらわれていた淋しさは、とても小さなものに思えてきた。

彼らの生き続けようとする力強さを、おすそわけしてもらって、生きる勇気が少しずつ私の心の中に湧いてきた。

不思議な力が、彼らから発せられていた。

そう、だから、私は、この本のタイトルを見たときに、まず、あ、っと思った。

神が、一番、望むことは、神が与えた、その生命を、大切にすることだろう、と思う。
何びとの、生命も、大事で、尊厳があるということ。

それを、彼らは、身を持って、教えてくれるのだ。
まさに、彼らの側に、神は居る。

私は、今、ずいぶんと、元気だ。
淋しくない。安心して、生きることを楽しんでいる。

私は、彼らを通して、自分をこの世に生み出し、育み、守ってくれた何か、それが、神だとすれば、その神とのつながりを取り戻させてもらった、とも言える。
たとえ、どんなときがあろうと、私は、ひとりぼっちではないのだ。

今も、私は、彼らに会い続けている。
感謝をこめて。
そして、力を与えてもらい続けている。


以下、本文中のタイトルから、いくつか、引用し、この本の内容の紹介の一部とさせてもらいたい。

「痛みを知るひとたちこそ」「愛するよりも大切にすることを」「よい子症候群のわたし」「力は弱さの中にあってはたらく」「福音は宗教をこえて」「すべての谷は身を起こせ」「相手の立場にたてると思うな」「聖書の中の「小さくされた者」」「いま、信頼してあゆみをはじめるために」「冨と権力の座から降りる手伝い」「社会活動の霊性スピリチュアリティ」「真の連帯への四つのステップ」「単純な「弱者賛美」から真の連帯へ」「抑圧された側に立つひとの、個人の資質にではなく、その感性に学ぶ」「人権と共に人間の尊厳を大切に」他


釜ケ崎と福音―神は貧しく小さくされた者と共に釜ケ崎と福音―神は貧しく小さくされた者と共に
(2006/03/28)
本田 哲郎

商品詳細を見る
釜ヶ崎でのある出会いと、自身の経験を通して、本田神父が、とらえなおしていった、神の居場所。それは、小さくされた者の側。「サービスする側でなく、サービスを受けねばならない側に、主はおられる。」と。聖書の解釈の仕方をこえて、現実の人権、人間の尊厳の問題に取組む、小さくされた者と歩む本田神父からのメッセージ。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://favoriteforever.blog64.fc2.com/tb.php/107-ea376240

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。