Entries

スポンサーサイト

香りが繋ぎ、癒す

アロマの香りは、脳の記憶をつかさどる部分に働きかけをする、という。実際に、ふと、漂ってきた花の香りから、過去の出来事や小さい頃の自分を思い出すことがある。記憶は、不思議なもので、神様の配慮なのかもしれないけれど、向き合える自分でないときは、そっと、心の中に、しまわれていることがある。だから、無理矢理に思い出すこともないのだろうな、とも感じている。けれど、しまっておくことで、現実に生きるのが、困難に...

みかんの季節

今年も、柑橘のメドレーがはじまった。愛媛、無茶々園のみかん。安全に、美味しく、手をかけ、心をこめて作ってくれているみかん。有り難い。みかん箱に、手書きのお便りが入ってくる。年間の注文はアナログ形式。封書やFAXで送る。送られてくる発行物の写真や、資料も、温もりがあり、なおかつ、見やすく、わかりやすく工夫されているのを感じる。電話しても、素朴だけど、丁寧に対応してくれる。地に着いた、安心感がいいい。早...

『紙屋町さくらホテル』を観て

若者達の行動が希望となった連日の市民の抗議行動にも関わらず、安保関連法案の強行採決(採決とは言えない暴力的な強行…)が行われた。それから、間もない日々。何もなかったかのように、何も起きていないかのように、むしろ、それをカモフラージュするかのように様々に装って、社会が巡っているさまに、ときに堪え難い矛盾や居心地悪さを感じながら過ごしている昨今。一年ぶりのお芝居は…、同じ「演劇集団土くれ」のお芝居。10月...

和の香りでなごむ秋

秋の朝は、気持ちがいい。暑くもなく、寒くもなく、少しひんやりとしてきた空気と澄んだ陽射しが心を落ち着かせてくれる。七夕前に、荒野と化した裏庭は、植物たちが盛り返している。朝、窓をあけたときの風景は大切だなあ、とあらためて感じる。この逞しく、可愛らしい植物の姿とともに、秋を感じられるのは幸せだ。ほっとして、心強くなる。そこらじゅうに、枝や種をまき散らすようにして切られた結果、あちこちから、子ランタナ...

東慶寺お花と絣展

先日、ちょうど嵐が去った頃、北鎌倉へ。おそらく、つい、その前々日までは、満開だったであろう金木犀は、樹の下に、橙色の絨毯みたいに小さな花が敷きつめられていた。それでも、心配していたほどには荒れた様子はなく、雨上がりの緑の香りを楽しみながら散策。今日は、はじめてのところに入ってみようと、昼ご飯に立ち寄ったのは「菜根や」。鎌倉・湘南産無農薬野菜のごはん屋さん。窓の外にもベンチがあり、そのむこうは裏山の...

Appendix

プロフィール

マギーB

Author:マギーB
自然を感じて繋がる、人のハートを感じて繋がる生き方で、丸ごと暮らしていくのが夢。私の夢っていう舟に帆をはろう。好きな絵本「わたしのおふねマギーB」。

マギーB Twitter

y_0503 

カレンダー

08 | 2015/10 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

よろしくね!トライ中!

人気ブログランキングへ

よかったらクリックしてね!

FC2Blog Ranking

ブログランキングよろしく!

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。